30代後半男の惑い

bingolgo.exblog.jp ブログトップ

ゴルフ嫌いが多いコンペ

金曜日から米子に出張で、社内会議→宴会と進み夜は皆生温泉に宿泊した。
皆生は「かいけ」と読み、鳥取県米子市の市街地から20分ほど海に向かって走ると到着する。
宿の部屋のすぐ前が海で、ベッドに横たわると部屋中が波の音につつまれてまるで海の底で眠っている気持ちになれる。

翌日は社内ゴルフコンペが企画されており、米子に集まった我が社の社員は偉いサンの指令により全員強制参加が義務づけられていた。

土曜日の朝起きたら冷蔵庫の中にいるような寒さだった。
外に出ると大山(だいせん)のキリリとした姿が見えたが山頂はもう雪化粧であった。
向かうゴルフ場は大山の麓にあり、ここより更に寒いことが予想され私は激しく気が重くなった。

私はゴルフが趣味の人間ではない。
宴会で話題がゴルフ談義になると話題をそらそうとする側の人間である。
総勢9人のミニコンペの中で私と同じように不本意ながら参加している人間が約4人いた。
その中の一人に私のボスがいた。
ボスは健康診断により肺癌の疑いで精密検査を受けたが、先日、ただの肺の炎症であることが確定して元気な姿で登場した。
ボスは“ガンモドキ”というあだなを付けられた。

私が一緒にラウンドするはこのボスと、このコンペの幹事を務める人物であった。

身内の開会式を行っていると雨が降り始めた。
ボスは即座に“雨ですよ!もう帰りましょう。”と嬉々として提案したが、エライ人にあえなく却下された。
そうして身も凍るような雨が降り注ぐ中コンペは始まった。

3ホール目くらいまではそれなりにゴルフを楽しんでいたが、やがて雨で手の感覚がなくなり始めるとボスと私は言葉が少なくなっていった。
ボスの過激な独り言が増えていった。
“金払うから帰らせてくれ~”
“これは娯楽ちゃう、修行や~”
“前のやつら~1秒でも早く打てや~”
“(前でプレーしてるエライ人に向かって)偉そうに素振りすんなや~どうせ飛ばへんねんから早よ打てや~”

幹事はボスの暴言に眉をしかめていた。

クラブを握る手に全く感覚がなくなり、雨に濡れた体は氷のように冷たくなって、とてもプレーを楽しめる気分ではなかった。
冷たい雨はざあざあと降り続けている。
もし、ここが家で、子供がこの寒さと天候の中で、“お父さん、外で遊ぼうよ”と言ったら誰が遊ぶだろうか?
大の大人がこんな遊びをしてていいのだろうか、と真剣に思う。


そしてハーフが終了してトイレに行ったボスは怒りを覚えて戻ってきて、エライ人に直訴した。

“もうやめましょ。おしっこしようと思ったら、モノが寒さで縮こまっててドリルみたいになってました。もう体が限界や言うてます!”

周りのゴルフ反対派もボスの勇気ある提言に心を打たれ、応援した。

しかし、
エライ人は黙殺した。


午後、一等兵と二等兵は寒さで震えながら無言でゴルフをした。
私はますますゴルフが苦手になった。
ゴルフで自然を征服する醍醐味は一生わからなくてもよいと思った。
天気がいいときだけ自然と仲良くできたらそれでいい。

ゴルフ嫌い連盟はラウンドのあと、長い間お風呂で体を温め、エライ人を30分待たせた。
我らができる限りの最大の抵抗を示した。

f0117111_1315283.jpg

ラウンドが終わると晴れてきたグルフ場の景色。
かすかに大山が見えます。
[PR]
# by bingolgo | 2006-12-03 00:54 | 惑い

タグチくんの恋の相談

今年入社してきたタグチくんは礼儀正しい好青年である。
柔道をしていただけあり、体型はぽちゃりしていて童顔なせいもあり愛嬌あるキャラだ。

一緒に通ってるジムの帰り道、お疲れぃ!と別れようとしたときにタグチくんは切り出した。

“ウッス、先輩にお聞きしたいことがあるんスけど今、よろしいでしょうか?”

いや、もう帰りたいんだけど・・・と言いかけたが、ピュアなタグチくんの姿勢を見ると“つい、何?どうしたの?”と言ってしまう。

“仕事のことじゃなくて申し訳ないっスけど、先輩にしか相談できなくて・・・自分は今、病気なんですよ。”
“病気?”
“Love sick す。”

帰国子女な彼はヘンなところで英語を使う。恋の病ね、なるほど。
相手は同じく今年入社して同じエリアを担当している他社の女の子とのこと。
しかし、恋の相談を受けるなんてすごく久しぶりで新鮮であった。
おれに聞こうという彼は人を見る目があるぞ、と少し鼻息が荒くなった。

“彼女と話すと妙に緊張して汗が出てくるんスよ。自分らしさを失ってしまうというか、舞い上がっちゃうんスよ。次のステップに行くにはどうしたらいいスかね?”

人生の先輩は余裕あるポーズで語る。
緊張しないでしゃべる方法・自然っぽく連絡先を聞く方法・休日の彼女に偶然ぽく会う方法などをレクチャーした。

タグチくんは先輩の講義を聞き終えた後、高揚した表情で“がんばるっス!ありがとうございました。本当勉強になったっス!”と私が車で去っていくまで見送ってくれた。


帰宅後、嫁さんに今日の出来事を報告し、適切な助言を行ったことを自慢した。

彼女は言った。

  

  “で、その女の子に彼氏はいないの?”



私は無言でお茶をすすった。

 
[PR]
# by bingolgo | 2006-11-28 00:43

隣の席の会話

カフェ。最近普通に使われるこの言葉、実はよくわかっていない。
喫茶店とは違うのはなんとなくわかる。違いは店主がいない・・・ってトコだろうか?

で、だ。つまりドトールのような感じの○○カフェ、という名前の店をカフェと断言してもよいのかにつまずいているんだけど、まあ良しとしよう。

話は続く・・


今日カフェで時間をつぶしていたら隣の席の会話が耳に入ってきた。
高校生の2人だ。部活帰りっぽい感じだった。

A 「うちの近くに出来た1000円カットの散髪屋、スポーツ刈りはできないっていうんだよ。」
B 「なんで?」
A 「スポーツ刈りって全体を同じ長さに揃える切り方らしくてめんどくさいんだって。」
B 「じゃあその頭はどうしたんだよ?」
A 「これはスポーツ刈り風、なんだよ。」

コーヒーを噴きそうになった。
世の中にはこんな素敵な会話が溢れてるんだろうな。
[PR]
# by bingolgo | 2006-11-20 00:12

関心事

ブログが始まった。
自分に向けて書くようで読んでくれてる人に向けて書くようでもあり、なかなか難しいぞ、と
思うこと30分。
世間の人は初ブログで何を書いているんだろうか?自己紹介?決意表明?いきなり本題?

ああ、もう少しリサーチすればよかった。と、初公開で初後悔。

こういうオヤジにならないために始めたブログ、故にまずは自分の中で整理が必要だな。

私・・・とは、30代半ばの社会人。
仕事・・・製薬会社のMR
家族・・・お嫁さん1人、娘1人、息子1人

関心事・・・☆!そうだ!関心事を書きたいんだった。
キーワードは自分を磨くもの、自分を豊かにしてくれるもの、森羅万象のすべて。

日々思うことと私の関心事。
これでいくことに決めた初投稿の夜。
[PR]
# by bingolgo | 2006-11-19 23:55