30代後半男の惑い

bingolgo.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モノトーンの日々

大学生活のことを振り返る機会が多かった今週、改めて“競技ダンス”が自分に与えている影響について考えた。
ダンス漬けに等しい4年間を過ごしていたが、今思い出せる出来事はダンスのことよりも、クラブの仲間と過ごした時間のことのほうが圧倒的に多い。
ダンスを中心に生活が組み立てられていた毎日で、仲間と遊ぶのは夜ばかり。
誰かの下宿に集まり談笑しているシーン、競技会の後、京橋辺りをヘンな髪型の軍団でぶらぶらしているシーン。
お日様が燦燦と輝く野外で遊びを満喫しているシーンは思い当たらない。
当時はそういう生活が苦痛で、仲良しサークルで大学生活を謳歌してる友達をうらやましく思ったのもだった。
早く一般ピープルになりたい、と思いながらもダンスの奥深さに魅せられている自分がいた。
上手くなりたい。競技会でファイナルに残りたい。優勝したい。
勝てない。部員の気持ちがまとまらない。練習が辛い。
競技を続けている限り勝っても負けても終わりがなく、長いトンネルを前へ前へ進んでいる心境で過ごした4年間だった。
ダンスの道は暗いトンネル、プライベートの時間も暗い夜、とモノトーンでストイックなイメージで、私にとっては大学時代は修行時代だったような気がする。

4回生の12月。ついにそのモノトーンの日々が終わるときがきた。
一般ピープルに戻り、原色の色鮮やかな日を過ごせるようになると、カラーの世界に慣れてきて、微妙な色の違いも分からなくなり、楽なほう、楽なほうに流れるようになって、夢中になれるものさえも見つけることができなくなっていった。
楽しいことでつながった友達は、楽しいことがなくなると自然といなくなってしまった。

社会に出て自分の軸がぶれてきたと感じるとき、戻るべきところはあのモノトーン時代の私であった。あの4年間は私の原点になっている。
長い時間を経ても変わらない友たち。苦楽をともにしたみんなもきっと同じ気持ちであの時代を過ごしていたのではないだろうか。

今週、思いがけず、ヒイラギ先輩にブログで再会できた。
たくさんの先輩によくしていただいたダンス部時代だったが、その中でも大師匠であった先輩。
たくさんご指導いただいたのに、最後の姿をお見せできなかった。
モノトーン最後の私を見ていただいて、2008年からの第2章にお付き合いいただければ幸いです。

f0117111_18223978.jpgクリックすると動きます→youtube: finale'92








ダンサーはクリック募金へ
[PR]
by bingolgo | 2008-03-29 18:21

めがね

先週末に眼鏡を購入した。
同じ店で同じブランドのものを買ったのだが、驚くことに、顧客データを見ると、前回購入した日も同じ3月15日だった。
人間の行動パターンというのは面白い。
コンタクトにしようしようと思いつつも1年が過ぎ、周りの人達(特に子供たち)は眼鏡のほうが似合うというので買い換える形となってしまった。

眼鏡装着歴10年になるが、どうも眼鏡をかけた自分の顔に馴染めない。
なぜか眼鏡をかけるとすぐにななめにズレてしまうのだ。
鏡や写真を見る度に憂鬱な気分になってしまうのだった。

今回、眼鏡を選んでいるときにその原因が解明した。
私の左耳は右耳よりも後ろにあるらしい。
37年目にして初めて知る真実。
パパもママも教えてくれなかったことだ。

「調整してみますね。」といって店長さんが手を加えた眼鏡は私の顔に水平に装着された。
初めてフィットして眼鏡をかけている感覚がした。

昨日ニュー眼鏡が仕上がったので取りにいった。
新しい眼鏡で出勤するのは何かのタイミングが必要な気がして今日は今までどおりで出勤した。
とりあえず会社でメンバーに「来週から顔が変わりますので。」と宣言してきた。
なんのこと?という反応であったが、答えなかった私である。
ヅラの事だと思った人がいないことを祈る。

新旧交代
f0117111_0404995.jpg

f0117111_0411657.jpg

999.9フリークです。

めがねっ子はクリック募金へ
[PR]
by bingolgo | 2008-03-27 00:44

看板に偽りなし

担当エリアの道沿いに前からずーっと気になっているラーメン屋があった。
看板のキャッチフレーズがとても微妙なのである。
f0117111_23395351.jpg

右側の看板がおわかりだろうか。
アップにしてみよう。
f0117111_2341493.jpg

私はこのキャッチフレーズを素直に信じられるほどピュアな人間ではない。
だが、今日はなぜだか、騙されてもいい気分になってしまった。
一旦通り過ぎたものの、Uターンしてこの店でお昼を食べることにした。

先客はひと組のサラリーマンだけだった。
テーブルはたくさん空いていたが、異様に広いテーブルばかりなのでカウンターに座った。
壁に書かれたメニューを見ると
「他の店で満足できなかった方、当店の味噌ラーメンを召し上がってみてください」と書かれている。
味噌ラーメンを注文した。
カウンターに座っているので作っているところが丸見えなのだが、手つきが職人ぽくない。
家庭の雰囲気が醸し出されていた。
待つこと3分、自慢の味噌ラーメンが到着した。
ここで写真も掲載したいところだが、目の前にオトッチャンとオカアチャンがいるので写真を撮る勇気がなかった。
味については、もしかしたら絶品だったのかもしれないが、本来味噌ラーメンがそれほど好みではない私にとってはごく普通の味噌ラーメンという印象だった。

店内のあちこちに手書きの紙が張ってあり、店主の味への主張がなされているのだが、中にはよくわからない張り紙がある。
「電柱にミラー」

しばらくすると老婦人の二人組が来店した。
二人は塩ラーメンを注文したが、オカアチャンに「うちは味噌ラーメンがおすすめですけど、塩でいいんですか?」と聞かれ、不安になった二人は味噌ラーメンに変更していた。

確かにこの店は知れ渡れば評判になるぞ、だが、行列は無しだな、と半分納得をして店を出た。
車に乗り込み道路の様子を伺う。ここは田舎なのに交通量が多い。
頭から駐車するんじゃなかったなと後悔しつつ後を見ると、道路向かいの電柱にミラーが付いていた。

ものすごく的確だ。

左クリック右ストレート!キリングループ“きれいな水”12,967,414番目
クリック募金へ
[PR]
by bingolgo | 2008-03-05 00:23

人差し指のチカラ

2月中旬から記事の最後にWEB拍手を設置しました。
時間帯ごと、1日ごとの拍手の回数がわかるのですが、ゼロの日もあれば100を超える日もありました。
記事を書く側にとっては何か反応があるとがんばって続けようという気持ちになれます。
一回に送れる拍手の回数はMAXで10回なのですが、1日に何度も10回があるということは、しっかり応援してくださっている人がいることがわかり、大変ありがたく感じています。
その人差し指のチカラは結構偉大なのです。
クリックしていただいた方、ありがとうございました。
お礼とともに、WEB拍手はひとまず休止させていただきます。
代わりにもっと大切なものを設置することにしました。

クリック募金です。
エキサイトブログではバナーが張れないので文字だけになってしまいますが、リンク先の企業をクリックすると1円の募金ができます。募金をするのは企業です。
現在11社が協賛しているので、その気になれば1日11円の募金ができます。

私はブラウザのホームページに設定していますのでPCを立ち上げて最初にするのがクリック募金です。
ひとりひとりはささやかな額ですが、1日に何千ものクリックがあり、それは積もれば山となり、累積でおよそ1億7千万円の寄付が行われています。
協賛企業は普段見聞きする企業ばかりです。わかりやすい形で社会貢献をしている企業には個人的な協力をしていきたいと思います。

インターネットを通じて何かを得ることは簡単ですが、与えることも簡単です。
皆様の人差し指のチカラをこのブログの向こうへ届けてください。
合言葉は「左クリック、右ストレート!」それだけのパワーがあります。
よろしくお願いします。

クリック募金へ
[PR]
by bingolgo | 2008-03-04 01:31
line

Welcome to my life!


by bingolgo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite