30代後半男の惑い

bingolgo.exblog.jp ブログトップ

40代最初の惑い

引っ越しの準備を始めている。
本棚やCDを取りだすと10代・20代・30代の思い出が詰まっておりなかなか捨てられない。
岡山に異動する際には捨てることをせず、ほとんどを持ってきた。

30代に入り、何度か今まで築いてきたものを一旦リセットすることを試してみた。
本棚と同じで、空いたスペースがなくなってきていることを感じたからだ。
不思議なことに、空のスペースが増えるとそこを埋める速度が速くなる。
どんどんリセットする回数が増える。

そんな繰り返しの中で、新しく得るものもあれば、覚えておかないといけないことを忘れ去ってしまったりもする。

捨てようと手にとったビジネス書に引かれた赤いラインが目に留まる。
当時の私はその一文を大切にしていたのだろう。
仕事に誠実に向かい合っていることを示す一文だった。
今の私はそこにラインを引くだろうか?

私は自己評価が低い。
若い頃の私は馬鹿だったと思う。
今の自分も馬鹿だが、少しは学習してマシになったかなと思う。
しかし、昔の自分と対面する機会があるといつも昔のほうが賢いなと思う。

馬鹿だから人に迷惑はかけてはいけないと頑張る。
仕事能力が高くない分人よりは努力する。

本質がわかっていない人には優秀な人材と勘違いされる。
それが今回の人事異動だ。


仕事の負荷がマックスだった昨年の春、救急車で運ばれた。
ベッドに横たわったときに襲った突然の激しい動悸。
息苦しく胸が苦しい。
救急車を呼ぶ嫁さん。
真剣に死を意識する。人生はあっけなく終わりがくるんだなと、まさに痛感。
今のうちに言っておこう。「今までありがとう」「子供たちを頼むよ」
同じ言葉を何度も繰り返す。
救急車のサイレンがかすかに聞こえてきた。
助かるのかな?


救急外来の診断は過換気症候群だった。
翌日担当している病院で診察をしてもらうと睡眠時無呼吸の疑いとのこと。
簡易検査を行うと一晩で200回以上呼吸が止まっているという。
自分なりに調べた結果はパニック発作にたどりついた。
心療内科を受診するとおそらく発作であろう、今後不安な気持ちが強くなると発作を繰り返す可能性が高く、そうなるとパニック障害になると言われた。

「あなたはもともと不安感が強いですか?」

この言葉にハッとする。
例えばこのブログに書いてきた“惑い”の多くは不安が根底にあることが多い。
そういや、以前サウナで死にそうに感じたのも今回の前兆だったのかなと思いつく。

幸いなことにそれ以降は一度怪しいことがあっただけで今に至っている。

発作の前日に、敬愛していたブロガーの訃報を記事にした。
ストレス・過労の蓄積・同世代の逝去などが不安を強めていたのだと思う。
本質的にパニック発作は死への恐怖が発作を引き起こすと言われている。


世の中にはパニック発作、パニック障害で悩んでいる人がたくさんいるが、私は前向きに受け止めた。
パニック発作で死ぬ人はいない。
つまり本当は死に直面していないのだ。
健康なうちに死の怖さを体感してこれから先の人生に生かしなさい、という意味だったのだと思うことにした。
私の場合、体を大切にしてうまくストレスと付き合いなさいということだろう。

この件以来、定期的に息抜きをするようになった。
長くブログをご訪問くださっている方は変化をなんとなく理解していただけるだろうか?
深い惑いを綴ることが少なくなり物足りなかったかもしれませんが。
特に、非日常の世界での息抜きという点ではガウチさんに本当にお世話になった。
この話はしたことないから読んでびっくりしてるかもしれないが、意外と何かを察してくれていたような気もする。

話題が大きく脱線してしまったが、40代になった今、感じていることは、人間は思うような人に理想どおりにはなれないし、思うように人生は進まないということ。
ごく当たり前の事実だが、理想と現実のギャップを否定するのと受け入れるのでは生き方が大きく変わる。

40代最初の惑いは6月からの激変する環境でやっていけるだろうか?ということだが、岡山のボスが以前助言してくれた言葉のメモを読み返し、進んでいきたい。

「頑張らなくていい、頭の中を整理してやるべきことをやるだけ。最後は開き直りが大切だよ。」

今日、岡山所属の最後の一日を終え、帰宅した。
明日からは会社人生、第二部のスタート。
頭の中を切り替えて、行こう。

30代後半男の惑いはこれを持ちまして終了いたします。
思い出多く、名残り惜しいですが、皆様からのコメントも含めて30代後半の宝物とさせていただきますのでどうかご了承ください。
皆様のご健康とご活躍をお祈りしております。
本当にありがとうございました。

f0117111_0511535.jpg
[PR]
# by bingolgo | 2010-05-31 23:59

雨のち晴れ

5月24日(月)の記録

行こう行こうといいながらも、なかなか機会がなく行けていなかった、鳥取県の三朝にある三徳山の投入堂。転勤が決まったことがいいきっかけとなり、友人ガウチ氏と共に有休を取り向かった。
しかしながら、前日の豪雨の余韻が朝も残っており、入山できるかは定かではなかったが雨天決行となった。
f0117111_1245798.jpg

三徳山は修行の山だった。麓にある三佛寺は平城京よりも前に建てられた古刹である。
投入堂への道は三佛寺が始まりとなる。
天候のせいもあるが周囲は神秘的な雰囲気を醸し出していた。
我々は三佛寺の参道を上がっていった。

f0117111_1142159.jpg

長い年月をかけて石段は参拝者の歩みにあわせて変形していた。
丁度新天地での仕事に対して石の上にも三年ということわざを胸に抱いていた私には、その大切さを教えてくれたような気がした。

残念ながら、前日からの雨のため、投入堂への入山は中止されていた。
三佛寺の本堂は修繕中で、寄付を受け付けており、寄付をした人の名前を書いた板が本堂の屋根に使われるという。
100年間は修理しないとのことで、喜んで二人で寄付をした。

投入堂は鳥取県観光情報のサイトによると、以下のように書いてある。

標高470mにある投入堂(なげいれどう)は、断崖絶壁の岩窟にはめ込まれたように建てられた平安時代の古建築・懸造(かけづくり、舞台造)でふもとで組み立てたお堂を役行者(えんのぎょうじゃ)が法力で投入れたとされ、建立法については、今もなお謎につつまれたままです。

どうやって建てたのかが今でも判明しておらず、いろんな説が主張されている不思議な建造物だ。
今回は遠くで眺めることしかできなかったが、いつか目の前で眺めてその建築方法に思いを寄せてみたい。

f0117111_12333239.jpg


帰り道にどんどん天候が回復していったのはガウチの日ごろの行いが悪いせいだと信じて疑わない。
レクサス号をフルオープンで走ることができてご満悦のガウチ氏。
f0117111_12263396.jpg

f0117111_12264394.jpg


倉吉まで下山してレクサスおすすめのとても粋な蕎麦屋さんで食事をして岡山に戻った。
f0117111_1228748.jpg
f0117111_12281552.jpg


ガウチさん、運転手お疲れ様、楽しい山陰の旅をありがとう。
よい思い出となりました。
[PR]
# by bingolgo | 2010-05-30 12:29 | 旅行記

スリラー!

娘が通うバレエ教室のジャズバレエダンサーズが、地域のお祭りに参加した。

本番前の打ち合わせ
f0117111_0583047.jpg

私よりも身長が高い先生はとてもパワフルで格好よい。

お寺の境内を舞台に踊るのは、マイケルジャクソンの「スリラー」
場所が場所だけど、先生の一流のウイットなんだろう。
f0117111_057331.jpg


踊っている姿はみんな大人みたいなんだけど、まだまだ子供なんだなぁと感じる。
f0117111_121753.jpg


バレエ教室の発表会も来月に行われる。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
f0117111_14517.jpg

[PR]
# by bingolgo | 2010-05-09 01:04

冬の森

岡山県には9つの美しい森キャンプ場があり、今回は「和気美しい森」に一泊してきました。
セレナの初遠出には荷物を積めるキャンプがふさわしいと、春が間近なのでお気楽に考えていましたが、まだ山間部は厳寒でした。
キャンプといってもテントを持っていないなんちゃってアウトドアを自任する我が家はバンガローに宿泊。
和気美しい森を選んだのは「いろりの間」という名前の通りいろりがある部屋があるからでした。
寒い季節にはぴったりでしょう。
f0117111_23253272.jpg

f0117111_2327542.jpg

風情があってとってもいい感じなのですが、室内で火を焚いてはいけないらしく、外で燃やした薪を持ち込むのならOKとのこと。残念ながら薪は持参しておらず、結局いろりは畳の下に埋もれてしまうことになりました。

この日は寒いだけでなく、暴風が吹き荒れており、底冷えする夕暮れに室外で食事をするなんて、筋金入りのアウトドアマンくらいでしょう。
しかし、用意してきた食材はバーベキューだけなので、凍えながら炭を燃やし始めました。
うちわを忘れてきたせいで中々火がつかずに苦労しましたが、子供たちも一緒になっておえかき帳で扇いでくれてなんとか焼けるようになりました。
「寒いからもう中で待ってて、焼けたらもっていくから」
「パパ一人お外はかわいそうだから一緒に食べるよ」と健気なことを言ってくれるのでパパがんばるぞ!と一人で黙々と焼いて持っていくを繰り返していたのですが、何回か目には子供たちはサザエさんに夢中で気づいてもくれなくなりました。
f0117111_23382549.jpg

戦いのあと。暗闇で片づけてたら思い切り火傷しました。。

f0117111_23391727.jpg

家族で入れる露天風呂を楽しみにしていたのですが・・・
f0117111_2340473.jpg

ここで体洗ったら絶対に風邪ひきます。
ということで、食後に車で10分くらいのところにある和気鵜飼谷温泉に行きました。
泉質がいいと噂の温泉です。芯まで冷えた体をゆっくり温めて極楽でした。

翌日はうって変わって穏やかな気候。
キャンプ場から遊歩道で15分程の天神山に歩きます。
山頂からは棚田の景色が広がっていて綺麗です。
f0117111_2350719.jpg

f0117111_23454285.jpg

f0117111_23465377.jpg


お昼は備前焼のギャラリー「しょうざん」で焼物の買い物と食事。
備前はカレーを名物にするイベント“カレーラリー”を行っており、ここではフルーツカレーをやってました。
f0117111_2349427.jpg

今日のメニューは「ピオーネカレー」です。
辛いルーと甘いピオーネは意外とマッチしていました。ライスもピンクです。
f0117111_23502636.jpg


まだ体には昨日のダメージが残っていますが、よい小旅行となりました。
[PR]
# by bingolgo | 2010-03-22 23:25 | 岡山暮らし

反省

このブログの右サイドにある「カテゴリ」の欄に「マイルール」という項目を先月からひっそりと追加している。
先月、まずは「マイルール」を作るというマイルールを決めた。

今日、いい加減な仕事をしてしまった。
「これでいい」と思っていたことが全然相手のニーズに合っていなかった。
とてもレベルの低い仕事だったと反省したのだが、そのときにどこかで聞いた言葉が浮かんできた。

「反省とは行動の変化が伴って初めて反省したといえる」

同じ過ちを繰り返したならばそれは反省したとはいえない。
仕事のあと相手の求めていた情報に関する分厚い書籍を会社から持ち帰って読んでいる。
私に足りない知識を少しでもその本から吸収したい。


マイルール:反省は感情ではなく、行動で示そう。
[PR]
# by bingolgo | 2010-03-16 00:08 | マイルール

「死ぬときに後悔すること」ベスト10

インターネットの世界には無数の賢者がいて、日々感銘を受けているのですが、私のブラウザのお気に入りに入れておくだけではもったいないという記事を“ネットの賢者”シリーズとして紹介したいと思います。
第1回目は、Dainさんのブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」で紹介されていた記事の抜粋です。(とっても影響力のあるブロガーなのでご存じかもしれませんが)

「死ぬときに後悔すること」ベスト10
↑  ↑  ↑
先に元記事を読まれることをおすすめします。

終末期における緩和医療に携わる医師(大津 秀一医師)が患者さんから聞いた“今、後悔していること”をまとめた本についてのレビューです。
以下は原著の25章の中からDainさんがまとめたベスト10とレビューの中の秀逸な文章のまとめ(と、私のコメント)です。

第10位 健康を大切にしなかったこと
「先生、もう少し早く検査をしておけばよかった…」
最初に金を使うか、そうでないかだけの違いだという。早期発見で縮小手術で根治する金持ちと、進行がんになってから見つかり、金のかかる抗がん剤の副作用に苦しみながら死んでいく庶民の構図が見える。

*大病でなくとも病気のときは健康の有難さを痛感します。毎日せっせと働いてくれている体の声をよく聞こうと思います。

第9位 感情に振り回された一生を過ごしたこと
ひとは生きてきたように死ぬ。自分が「正しい」と思う死に方を目指すことは、そのまま、自分が「正しい」と思う生き方に直結している。

*最近とてもそう思う。感情に振り回されたくないと。考え方を変える努力は始めていますが、なかなか難しい。どんな環境でも冷静に対処するように気をつけていきたいと思います。

第8位 仕事ばかりだったこと
仕事人間から仕事を取り上げると、老いるのも死ぬのも早い。そんな人生を望んだのなら、それでもいいのだが… 仕事以外で生きがいを見つけたとき、「もっと早くに知っておけばよかった」と後悔するのかもしれない。

*人生の楽しみ、やりがいを目の前のことだけに向けるのは簡単だけど、幅がない、と考えるようになり、とても共感できました。この広い世界に目を向ければ知らないことはまだ山ほどあります。

第7位 子どもを育てなかったこと
著者の経験によると、「子どもなんていなければよかった」という人は一人もいないそうな。反面、「子どもがいればよかった」という人は少なくないという。事情は人それぞれかもしれないが、心に留めておきたい。

*子供がいるのと育てるのは少し違うかも。子供と過ごす時間はごくわずか。しっかり育てよう。

第6位 タバコを止めなかったこと
死ぬ前に後悔することとして、「健康を大切にしなかったこと」があるが、それとは別個にタバコについて章が立てられているほど、この後悔は深いようだ。最初の頃、「リスクは承知の上」だと強弁していても、死が避けられないものとして近づくにつれ、おしなべてタバコの恐怖に押しつぶされる。

*何度禁煙に失敗しているのだろうこの馬鹿は。まだ健康である甘えが最大の原因だ。
只今最後の禁煙の準備中。


第5位 行きたい場所に行かなかったこと
これは二通りあるそうな。旅行という意味と、会いたい人という意味に分かれている。体力が落ちると移動すらままならなくなる。特に、会いたいという人がいるならば、思ったその場で会いに行けという。相手がこの世を去ってしまうこともあるのだから。そんな人の後悔を見越して「一期一会」という言葉はあるのだが、

*大切にしてそうで大切にしていないこと。1年先の予定よりすぐ手が届く先にできることをやっていきたい。

第4位 自分のやりたいことをやらなかったこと
本当にしたかったことを後回しにしてきた結果、もう回すべき「後」がないことが分かる。

*たぶん、本当にやりたいことを考えることを後まわしにしてきたと思う。真剣に自問自答が必要です。

第3位 自分の生きた証を残さなかったこと
若くして幼い子どもを残して逝くような場合、この後悔が多いという。人生は有限だが、ときどきそのことを忘れてしまう。自分の死を思い起こす仕組みをつくり、定期的にくりかえすことが肝要かと。映画や本は、そのための良いツールだね。

*大きな野望も大事だけど、日々ふれあう人々に私の存在が認められたらそれで十分だと思いますが、そのためには良く生きることが大事です。

第2位 美味しいものを食べておかなかったこと
舌がんの摘出手術をする人の、最後の晩餐につきあったことがある。舌の大半を取ってしまうので、食事は流動食になる。懐具合より、居酒屋の刺身盛りが精一杯の贅沢だったが、それでも彼は美味しそうに、本当においしそうに、味わっていた。食べることは生きること、生きることとは食べることを、彼から教わった。

*メリハリが必要ですが、お腹が満腹になればそれでいいというのは人間らしくないなと感じるようになり、食べる喜びが年とともに強くなりました。食べることは生きること、いい言葉です。

第1位 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
「ありがとう」、「すばらしい」、「素敵です」、「好きです」、「愛しています」… 人との交わりの嬉しいことやポジティブな面に目を向けて、そいつを言葉で示す。これらはタイミングもあるが、人に対する「姿勢」のようなものではないかと考えている。

*ポジティブな言葉を添えて嫌がる人はいないのになんで簡単には言葉にでないのだろう。
向かいあっている人とコミュニケーションをとっていることはどんな瞬間でも人間的なつながりのある時間と思えば、その瞬間に感謝する気持ちを持つことが大切かもと思います。


こういう真実の言葉を日々忘れないように生きること、まずは、今日を大切にすることがよく生きることなのかもしれません。
繰り返し目を通そうと思います。
[PR]
# by bingolgo | 2010-03-08 00:15 | ネットの賢者

簡単に父を抜く7歳

f0117111_1634247.jpg

両親ともに、ドがつく程の文系なのに、超がつく理系タイプの息子は7歳にしてルービックキューブを6面完成させる。私は1面でも時間がかかるが、彼は5分で6面が完成する。
初めて手にしたのが2週間前なのに末恐ろしい息子である。

息子の前では常にスーパーお父さんでいたかった私であるが、今回は言い訳すら浮かばず「スゲーな、ムスコよ」と感心するしかなかった。今後の活躍領域は体力系のジャンルに絞ろうと決意しながら。

そして6面クリアしたら買ってあげると約束をしていた“ルービックキューブ・リベンジ”を今日ネットで注文した。
f0117111_1930549.jpg

これが自力でできる人、いるんだろうか。
[PR]
# by bingolgo | 2010-02-28 19:31
line

Welcome to my life!


by bingolgo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite