30代後半男の惑い

bingolgo.exblog.jp ブログトップ

雨のち晴れ

5月24日(月)の記録

行こう行こうといいながらも、なかなか機会がなく行けていなかった、鳥取県の三朝にある三徳山の投入堂。転勤が決まったことがいいきっかけとなり、友人ガウチ氏と共に有休を取り向かった。
しかしながら、前日の豪雨の余韻が朝も残っており、入山できるかは定かではなかったが雨天決行となった。
f0117111_1245798.jpg

三徳山は修行の山だった。麓にある三佛寺は平城京よりも前に建てられた古刹である。
投入堂への道は三佛寺が始まりとなる。
天候のせいもあるが周囲は神秘的な雰囲気を醸し出していた。
我々は三佛寺の参道を上がっていった。

f0117111_1142159.jpg

長い年月をかけて石段は参拝者の歩みにあわせて変形していた。
丁度新天地での仕事に対して石の上にも三年ということわざを胸に抱いていた私には、その大切さを教えてくれたような気がした。

残念ながら、前日からの雨のため、投入堂への入山は中止されていた。
三佛寺の本堂は修繕中で、寄付を受け付けており、寄付をした人の名前を書いた板が本堂の屋根に使われるという。
100年間は修理しないとのことで、喜んで二人で寄付をした。

投入堂は鳥取県観光情報のサイトによると、以下のように書いてある。

標高470mにある投入堂(なげいれどう)は、断崖絶壁の岩窟にはめ込まれたように建てられた平安時代の古建築・懸造(かけづくり、舞台造)でふもとで組み立てたお堂を役行者(えんのぎょうじゃ)が法力で投入れたとされ、建立法については、今もなお謎につつまれたままです。

どうやって建てたのかが今でも判明しておらず、いろんな説が主張されている不思議な建造物だ。
今回は遠くで眺めることしかできなかったが、いつか目の前で眺めてその建築方法に思いを寄せてみたい。

f0117111_12333239.jpg


帰り道にどんどん天候が回復していったのはガウチの日ごろの行いが悪いせいだと信じて疑わない。
レクサス号をフルオープンで走ることができてご満悦のガウチ氏。
f0117111_12263396.jpg

f0117111_12264394.jpg


倉吉まで下山してレクサスおすすめのとても粋な蕎麦屋さんで食事をして岡山に戻った。
f0117111_1228748.jpg
f0117111_12281552.jpg


ガウチさん、運転手お疲れ様、楽しい山陰の旅をありがとう。
よい思い出となりました。
[PR]
by bingolgo | 2010-05-30 12:29 | 旅行記