30代後半男の惑い

bingolgo.exblog.jp ブログトップ

映画「最高の人生の見つけ方」

DVDで映画「最高の人生の見つけ方」を観た。

がん告知から亡くなるまでの残された時間の中で語られる「人生の意味」という重いテーマを題材にした映画だけど、主演二人(ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン)の演技力と軽快なストーリー進行で、清々しく温かい余韻を残す素晴らしい映画だった。

二人が歩んできた人生は対照的。
稼ぐ人生と守る人生。

人生の限りが迫った二人の選択はどちらでもなかった。

自分がしたいと思ってきたことをやる。

ひとつ成し遂げるごとに線を引いて消されるリスト。
死とは対極にありそうな二人の生き生きとした表情が印象的だった。

「死ぬまで生きる」これはKinbousuiさんの大師匠の名ゼリフだが、まさに二人はこれを地で行っている。

自分の人生に執行猶予が付くことへの絶望。だけど執行猶予の時間があることの有り難みをも同時に感じさせる。

余命6か月と宣告された二人が知り合って親友となりそして友が亡くなるまでの期間は3か月。
「もっと早く知り合えばよかった」というセリフが登場したが、おそらくもっと前だと二人は分かち合うことができなかっただろう。
お互いが相手を尊重し理解し合おうとしたからこそ親友になれた。

なんの心配もなくぼんやりと毎日を生きている私の感想なんて表面的なものだと思うが、現時点で感じたことは、生きることの達成感を得ることに遅すぎるということはない、ということ。
20歳の若者でも余命6か月でも、大事なのは人生の最後に自分の人生に満足することが大切なのではなかろうか。そしてそれはモノではなく大切な人との深い絆へとたどり着く。

映画の冒頭のナレーションが私の心の奥に焼き付いた。

Its' difficult to understand the sum of a person's life.

Some people will tell you  It's measured by the one's left behind.
Some believe it can be measured in faith.
Some say by love.
Other folks say life has no meaning at all.

me?

I believe that you measure yourself by the people  who measured themselves by you.



人生の価値など容易には量れない
家族や友によって量られると言う人

信仰心によると言う人
愛だと言う人
人生に意味などないと言う人もいる
私はー

自分を認めてくれる人がいるかで決まると思う


この言葉の意味はこれ以上書けません。
ぜひご覧いただきたい名作です。
[PR]
by bingolgo | 2009-01-26 17:14
line

Welcome to my life!


by bingolgo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite